医療現場では子供など病院から抜け出した時にGPSを

医療現場でGPS電波の届かない病院内の施設など位置を把握できるようになってますので、院内を動き回る子供でも迅速に見つけることができるようになってます。子供だけでなく医療スタッフや医療の機器なども時間をかけずに、位置を把握できます。手術に使う医療機器もスムーズに位置を把握でき、患者に負担をかけることなく迅速な対応ができます。医療現場では探すというよりも、どんなものでも見えるようにしている所も多くなってます。

医療用のGPSは、腕時計のようなものやチップのような小さなものまで、幅広く商品がございます。院内での位置情報が見えるように、はっきりとわかるようになってますので、GPS機能を使っている病院の少なくはないです。子供のようにいるべきところにいないと不安に思う親は沢山います。子供に使うGPSを医療現場にも取り入れたことは画期的なことです。

患者の自宅への訪問以外に定期的な回診を迅速にしたり、ナースコールを押した時にすぐに患者の位置を特定できるものは病院の業務の向上に役立てることができます。今までは受診に来た患者は待合室で何時間も待たされることもよくあることでしたが、GPS機能を使うことで、近くなりましたら呼び出すこともできるようになってます。子供やお年寄りなどに使うものではなく、医療現場でも十分に活用できるものとなってます。位置の正確性に特化した性能のいい機器ですので、工夫すればいろいろな面で使えそうな気がします。

Filed under: GPS, IT・通信関連, 子供Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website