子供にGPSを付けることは必要か

GPSがあれば居場所を特定することが可能です。民間レベルで使用されるようになったのは、年配者の徘徊予防のためでした。年配者は認知症を患っている場合、外出して家に帰ることができなくなります。そのため家族は必死で居場所を探さなければいけません。

そんなときもGPSを付けているなら、大体の居場所を突き止めることができます。靴や衣服につけることが多いので、なくす必要もありません。それに加えて最近は子供に持たせる親が増えています。なぜ子供にGPSが必要になりますか。

子供を狙った犯罪が増えているからです。昔もありましたが、その数は増加傾向にあります。子供に持たせることで居場所がわかり、遅くなったときもすぐに探しに行けるので安心です。地域によっては行方不明者のサポートサービスがあります。

家族の誰かが行方不明になったなら、有線放送をしてその旨を公開します。最近も関東のある地域で中学生男子が行方不明になりました。地域の有線放送がなされて一時間もしないうちに見つかりました。恐らくどこかで遊んでいたのかもしれません。

年齢が大きいとそれほど心配ありませんが、それでも防犯対策は万全にしていた方が賢明です。男の子だからといって安心することはできません。常識では理解できないことをする人は増えているからです。もちろんGPSだけで完全に防ぐことはできません。

更に、親がいつでも探しに行けるとは限らないでしょう。こうしたものが必要な世の中になることは大事です。

Filed under: GPS, IT・通信関連, 子供Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website