様々な種類の子供用GPSから最適なものを選ぶには

子供用GPSは携帯電話の回線を利用しており、毎月400円から800円ほどの通信量が発生します。キーホルダー型や腕時計型など様々な端末があるので、料金や機能を比較検討して最適なものを選ぶとよいでしょう。端末は複数の衛星と通信を行って位置情報を取得していますが、国産の衛星を使うタイプならばより確実な情報が得られます。ただし端末は随時現在位置を測定しているわけではなく、1分から60分ごとに衛星と通信して位置情報を更新します。

タイムラグが生じるのはどの端末も同じですが、更新頻度を1分に設定可能なものを選べばほぼリアルタイムで位置情報を確認できます。全ての子供用GPSはスマートフォンで位置情報を確認できる最低限の機能を備えており、製品によっては通知機能を備えたものもあります。通知方法には自動と手動の2種類があり、前者は事前に登録した場所に到着したときに知らせてくれます。この機能を備えている端末を選べば、常にスマートフォンで確認しなくてもよいので便利です。

事前に学校や学習塾などの場所を設定しておくと到着したときにメールが届きます。製品によって登録可能な場所の数に違いがあるので選ぶ際に確認するとよいでしょう。手動通知を行うタイプの子供用GPSは、ボタンを押したときに保護者のスマートフォンへ現在位置を通知します。ボタンは押しやすく分かりやすい位置にあるので、何らかのトラブルがあったときには素早く通知できます。

このタイプの機能を備えた子供用GPSを持たせる場合には、通知のタイミングについてルールを決めておくとよいでしょう。

Filed under: GPS, IT・通信関連, 子供Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website