腱鞘炎というのは腱鞘が炎症を起こす疾患です。我々が身体のさまざまな部分を曲げたり伸ばしたりできるのは、腱というひも状の組織があり、腱鞘というトンネルの中を往復する仕組みになっているから。腱鞘部分が炎症を起こすことで腱が滑らかに動かなくなり、痛みも出てくるのです。手や指の病気として有名な腱鞘炎ですが、腱は足や膝など曲げ伸ばしする関節部分にはあるもの。

そのためからだの他の部分に症状が起こるケースもあるのです。ただ、最近はパソコンやスマホを使うなど手を使う作業が多いことから手指に症状が起こるケースが多いのです。腱鞘炎の初期症状としては患部の慢性的なだるさと痛みがあります。そういった症状が起きたら早めに治療を受けると共に、その原因となっている行動を休んで休息をとるようにしてください。

我慢して放っておけば知らぬ間に症状が悪化し、最悪の場合には手術をしなければならなくなります。仕事以外にも、スポーツ選手なども同じ部分を反復練習するため症状が起こりやすいです。ボーリングやゴルフ・テニスなど手首や肘・腕を使うスポーツは注意が必要です。育児で子供を抱くことが多い方・文章を書いたり絵を描いたりすることの多い作家や漫画家の職業病でもあります。

同じ部分にばかり毎日強い負荷をかけていては炎症が起きてしまいます。無理をしないこと、違和感を感じたらその負荷をできる限り軽くするためにも他の人にお願いしたり、道具を使うなど対策をとりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です