腱鞘炎というと、手を酷使する人がなりやすい症状ですが、実は女性に多く、女性ホルモンのバランスが関わっていることがわかっています。腱鞘炎は、手足を動かす腱が炎症を起こすことで痛みを発症させる病気です。女性に多い病気で、ばね指という指を曲げるための腱と腱鞘との間に炎症が起こることが原因ですが、妊娠中や出産後、更年期などの、エストロゲンの変化が著しい時に起こりやすく、腱へのダメージが蓄積しやすくなってしまいます。腱鞘炎は、あくまでも手の過度の使用によって、腱がダメージを受けた状態で発症しますが、ホルモンバランスが不安定な時期は、特に腱へのダメージが蓄積しやすいため、腱の痛みを感じやすくなってしまいます。

痛みがでた時の対処法としては、あまり同じ動作を繰り返さないことが大切です。腱鞘炎を重症化させないためには、痛いと思ったらその作業を休んで、肘や手首にサポーターをまくなど、動かさないようにすることが重要です。痛みをかばってしまうことで、周囲の筋肉にまで痛みが生じてしまう場合もありますから、痛みがある部分の周辺の筋肉などはストレッチをして動かすことが大切です。また、良質な睡眠や、バランスのとれた食事、適度な運動なども大切です。

症状が軽い場合には、安静とゆっくりとしたストレッチで症状は改善していきますが、重症になると、手術が必要になる場合もあります。手術は、あらかじめ局所麻酔を行って、腱鞘の一部を切り取って症状を治していきます。禁煙グッズ 口コミのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です