年齢を重ねてくると、健康の維持に気を配りたいと考えている人も増えてくると言えます。日々の食べ過ぎや飲みすぎ、運動不足やストレス、喫煙など体調が不良であると感じられる原因には様々なものが考えられます。近年の日本人の特徴として、糖尿病や高血圧などの生活習慣病が広がっている点を挙げることができます。生活習慣病の予防に役立てることができる方法として最適なものには、人間ドックがあります。

人間ドックとは一般的な法律で規定されている健康診断で行われる項目に加えて、がんや動脈硬化の病気などの発見を目的とした検診を追加したものとなります。人間ドックを受診することによって、通常では気付くことができない身体の異常を的確に調べることが可能となります。人間ドックを受診すれば身体の異常を早期に察知できますので、病状が悪化する危険性を大きく減らすことが可能です。近年の最新鋭の検査技術として、PET検査があります。

PET検査ではFDGというものを体内に投与することによって、PET装置で撮影すればがんの病変について画像で検査することができます。PET検査では早期の状態のがん細胞を発見することが可能なために、従来まででは見つけられなかった小さながんを見つけることが可能です。PET検査をオプションとして追加すると検査料金が10万円を超えることも少なくないですが、その分だけがんの早期発見が可能となって、がんによる死亡率を減らすことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です