医療制度というものは、保険診療と自由診療に区別されています。一般的な病院で行われているような病気の治療に関しては、国が定めている保険点数に基づいて治療に対して価格が決まっているものとなります。治療に必要になった金額が算出されて、それに対して1割りや3割を国民が負担をして、残りの部分は国民保険や健康保険組合が負担する制度となっています。人間ドックは生活習慣病などの早期発見に役立つものとなっていますが、病気にかかっていない人を対象としているために、病気の治療を目的としていません。

ですので、保険診療の取り扱いとはならずに自由診療の範囲で行われることになります。人間ドックで必要になってくる費用は、受診しようと考えている医療機関によっても変わってきます。現状では受診しようとしている医療機関ごとに様々なコースやオプション検査が用意されていると言えますので、コースやオプションの選択によって必要な費用が変わってきます。人間ドックのサービスを行っている医療機関によっては数十万かかるところもありますし、人気が高くなっているPET検査を選択すると一般的に10万円以上の費用がかかってしまうことになります。

加入している健康保険組合の担当者に問い合わせをすることで、補助金制度について知ることが可能です。国民保険に加入している人の場合には、それぞれの自治体の国民健康保険担当課に問い合わせてみることがおすすめです。補助金が出るかどうかは、人間ドック検査料金補助要綱を自治体が持っているかによって変わります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です