中小企業の中には2015年に義務化が行われたストレスチェックを、健康診断の実施時に同時に片づけてしまおうとする動きがあります。これは非常に効率的で可視光実施方法だと言えるでしょう。健康診断もストレスチェックも法律によって実施が義務付けられているという活動であるという点が同じであると言えますし、個人情報を提供して準備をしなくてはならないため、健康診断と同時に処理することが出来れば一石二鳥であると言えるのです。この様な仕組みが非常に良いということで採用する企業が増えてきています。

ストレスチェックは法律によって義務付けられているものではありますが、健康診断と異なり医療機関以外でも実施することが出来ます。それはこの活動が問診票とその集計によって行われているからであると言えるでしょう。必ずしも医療の専門家が対応しなければ処理できないというものではないのです。そのためサービス事業者の幅は広がっており、様々な業界から参入が続いています。

それでも一定のアドバンテージを持っているのは健康診断を実施する医療機関であると言えるでしょう。ストレスチェックは産業医とセットで考えなければなりませんし、実施後には必要に応じて医師の面接も手配しなければなりません。中小企業がこの様な問題に対応するためにはやはり医療機関のサポートが必要不可欠であると言えるでしょう。この様な仕組みを活用するのが賢い方法であると言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です