ストレスチェックは法律によって制度化された、企業が実施させなければならないものとして知られています。しかしながらストレスチェックが取り扱う職場のメンタルヘルスの問題については本人が極度に対応拒否するケースが想定されます。このようなテーマについて答えることが自分にとって不利に働くと信じ込んでしまうケースもあるのです。このような心配を防ぐためにストレスチェック制度には様々なルールが作られていますが、それでも全ての従業員に受けさせるということが難しい場合があるのです。

そのような場合においては企業ごとに個別の対応することが望ましいと言えるでしょう。ストレスチェックの実施目的はあくまでもメンタルヘルス対策のために本人の気づきを促すことであるといえます。労災を防止するために行う健康診断と同じく、明に実施を義務付けることによって労働者の心身の健康状態を維持させようとするのが目的です。無理に実施することがそのような問題に対してプラスとならないのであれば柔軟に考える必要もあります。

このように対応に困るような問題が発生した場合においては、ストレスチェックのために開設されている専用のサポートダイヤルと言うものが存在しています。このようなマニュアルで回答を得ることが難しいテーマについては個別の相談に応じてもらうことができます。本来の目的が何であるのかについて確認をしながら最適な対応方法について理解を深めていくことができるのでオススメできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です