ストレスチェックとは、労働者の心の状態を年に1回調べるという制度です。これは労働安全衛生法の改正によって従業員50人以上の事業所に対し全従業員に実施を義務付けしています。その背景としては労働者自身が自分のストレス状態に早期対処し、その後の精神的な疾患を予防することが狙いとして挙げられます。ストレスチェックの重要性を厚生労働省が論じるようになった理由としては、社会的問題として挙げられる自殺者の死因理由が勤務問題であったということを取り上げ、、改善策として対策を練る重要性を感じたからであるといえます。

職場環境の改善はもちろん、全従業員のメンタルヘルス改善が過度なストレスを生じさせないようにするために重要です。そもそもストレスチェックとは、労働者に義務付けはされたものの受検の義務はなく、全員が受けるとは言いきれないようです。本人の同意なしに回答内容が事業者に伝達するということはないようですが、面接指導を受けるためには回答した従業員本人が事業者に申し出なければなりません。そのため面接の申し出をためらってしまい、高ストレスであるということを事業者に伝えることが困難な従業員もいるようです。

ストレスチェックとはこのように従業員のストレスを調査することができるという利点もありますが、さらに従業員が申告をしやすい雰囲気である職場環境にしていくことも今後の事業者の課題であるといえます。ストレス環境を軽減できる職場環境を全労働者、事業者が協力しながら対処実現にむけて励んでいく必要があると示唆されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です