ストレスチェックとは何かと質問をされたのであれば、現在では企業の義務となっている活動であるということを堂々と言うことが出来ます。これは2015年より施行された法的な義務に基づく活動であり、常時50名以上の従業員を雇用している企業であれば実施しなくてはならないものとして位置づけられています。そのため何かしらの方法で少なくとも一年に一度は実施しなくてはなりません。その様なストレスチェックとは、ノウハウを持っていない企業にとっては非常に負担になる活動の一つです。

そのたま社内にノウハウを持っているスタッフがすでに雇用されている場合などを除き、原則として社内で抱え込まずに外部委託を検討した方が良いという場合も少なくありません。外部委託することによってノウハウが無くても必要な対応をすることが出来ますし、初期投資としてお金を使う必要もありません。業者にもよりますが、非常に格安なプランでの実施が可能になっていますので便利になってきています。この様に外部委託には大きなメリットがある場合が少なくありませんので、特に中小企業にとってストレスチェックとは外部委託で処理をするべき活動の一つとして位置づけられる場合が少なくありません。

仕組みを理解して独自に対応することもできますが、非常に大きな労力を必要とします。その様な労力をかけずに外部委託することで無駄な量力の損失を防ぐことが出来るのが大きな魅力になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です