事業者に義務化されることとなったストレスチェックとは従業員に対して質問票を配り、それに従業員が回答する形で行われる労働者のケアを目的とした制度です。近年では過重労働などの問題も多く社会問題となっているので、そうした労働問題を解決していく一つの方法として導入された制度ということになるでしょう。この回答を元にいろいろな分析をすることで、その労働者の心的な負担がどうなっているのかが分かるようになるのです。そのため、このストレスチェックとは労働者の負担を軽減する目的もあると考えてもいいでしょう。

それと同時に職場での意識改革をすることもこの制度から考えられるようにもなります。ストレスに関する制度があることで、職場のパワハラなどの意識も変わってくることも期待されます。ストレスが人の体に大きな負担をかけるものであり、健康面でも大きな影響があることは、近年の研究で分かってきました。ストレスは体を緊急時に備えるようなものなので、体には大きな負荷がかかることになり、これによって健康が阻害されることが科学的にも証明されています。

つまり、今はストレスが心的なものだけではなく、直接的に肉体にダメージを与えるものだということが分かってきたのです。ストレスチェックとはこうした健康を害する要因は予防的に排除する為に考えられた制度ということにもなるでしょう。これがあることで一定の歯止めがかかると期待されて出来たシステムです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です