ストレスは、様々な病気の原因となるものです。例えば、ストレスによりうつなどの精神疾患になってしまったり、高血圧や喘息、皮膚疾患などの身体の病気の原因になることもあります。また、明確な病気にならなくても、ストレスが原因で睡眠不足や食欲不振、頭痛や吐き気など何となく体が不調になることもあります。女性では、過剰なストレスにより生理がこなくなってしまうということもあるため、ストレスは身体の健康と深く関わっているのです。

そのため、ストレスチェックは非常に重要になってきます。厚生労働省でも、健康のためストレスチェックを勧めています。厚生労働省の推奨するストレスチェックとは主に、労働環境と心の状態に目を向けたものになっています。この厚生労働省のストレスチェックとは、主婦や学生は対象とされていないのが現状です。

主婦や学生、子どもももちろんストレスにより、病気や身体の不調があらわれます。そのため、全ての人に当てはまるストレスチェックも実施することが必要でしょう。これらの人々のストレスチェックは無いのですが、明確な原因が無く食欲不振や睡眠不足などが続くようだったら、医療機関を受診した方が良いでしょう。ストレスチェックとは、身体と心の状態を確かめる重要なツールです。

身体の不調があらわれてからでなく、定期的に実施して、病気の予防に役立てることが重要です。少なくとも、1年に1回はストレスチェックを実施して、自身の健康に役立てるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です