ストレスチェックをすることで、自分がどれぐらいのストレスを感じているのかが分かります。アンケートのような感じで質問形式になっているので、特に難しいことを考える必要はありません。自分の今の状況を素直に感じたままに応えていくことで、自分の状況を客観的に見ることが出来るのもストレスチェックの意義ということにもなるでしょう。ストレスチェックの結果は他人に見られることにく回答されるようにもなっているので、上司などに見られるという心配をする必要はありません。

結果が高ストレスと判断される場合には、事業者は医師の面談を実施しなければなりません。この際発生する費用は事業者の負担となります。ですから、このストレスチェックによって受験者が不当な扱いを受けないようにする配慮もなされていると考えてもいいでしょう。ストレスチェックは圧倒的に立場が不利になっている従業員のケアを目的としているものですから、これに回答することで従業員に更なるストレスがかかるようなことにはならないよう考えられているわけです。

このシステムが導入された目的は職場環境の改善と、労働者自身がストレスマネジメントが出来るようになるということになります。何もしないと職場環境は変わることはありませんが、こうしたチェックをすることで自分の状況を客観的に省みることが出来るようにもなります。ストレスについて前向きに考えることが出来るようになる為でもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です