平成27年12月に施行されたストレスチェック制度は、定期的に労働者のストレスに対する調査を行い本人に結果を通知して自身のストレスの状況を把握し、個人のメンタルヘルス不調のリスクを軽減させるというものです。また、検査結果を集団的に分析して職場環境を改善することで労働者の心の健康を守ることも目的とされています。ストレスチェックの対象となるのは従業員50人以上の事業所の全ての従業員で、1年以内ごとに1回、従業員の身体の健康状態だけでなく心の健康状態も検査するシステムを導入することが事業者の義務となります。ストレスチェック制度が導入された背景には、精神疾患による労災件数が3年連続で過去最多を更新しているという問題があり、それまでの過重労働の緩和等の量的な施策に加えて質も重視した対策が必要であると判断されたということがあります。

精度の義務化という点だけが注目を集めていますが、従業員や職場のストレス状況の改善と働きやすい職場環境を実現させることは生産性の向上にも繋がる為、事業経営においてはストレスチェック制度を導入することが最も重要な要素であると言えます。そして、この検査で高ストレスと判定された場合には、従業員本人からの申し出があれば事業者は面接の実施義務があります。この点は過重労働面接と似ている面があり、直接話し合うことで職場環境が改善できれば、ストレスを溜めこむことのない働きやすい職場が実現できるでしょう。離煙パイプのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です