ストレスチェックは厚生労働省が労働安全衛生法に基づいて制度化したものです。近年ではストレスを抱える人が多くなっているだけでなく、ストレスを感じても周りに相談できる人がいない、どのようにストレスを逃したら良いのかわからない、といった人が増えており、企業として前向きにストレスチェックに取り組むことが求められています。人間は強いストレスを感じると精神障害を発病することがあり、企業としても未然に防ぐことが大切な課題として掲げられています。ストレスチェックは企業側が行いますが、検査自体は保健師や医師が行うようになっており、本人の同意がなくては事業者にその結果を伝えることはありません。

本人の同意があり、ストレスを感じている場合は面接指導が行われる仕組みとなっています。どのようなストレスチェックが行われるかは企業に委ねられていますが、多くは厚生労働省が標準としている職業性ストレス簡易調査票と呼ばれるものが使われています。ストレスを感じた場合、休暇をとるなど工夫が必要となりますが、仕事において忙しい時は休暇をとるのが難しくなります。ストレスチェックを受け、高ストレスと判断された場合は企業側に相談をしてみても良いでしょう。

労働者に対して不利益となる取り扱いは禁止されているので安心して伝えるようにします。早期であればあるほど、ストレスから解消される期間が短くなるので、体調の変化など見落とさないようにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です