ストレスチェック制度が施行されましたが、従業員も事業主もどういった制度なのか理解しているとはまだ言えないのが現状です。基本的な考え方は心理的な負担の程度を把握するための検査と言えます。しかしそれだけではありません。ストレスチェック制度は平成27年12月1日より始まりました。

従業員を50名以上常時雇用している事業所に、1年以内ごとに1回は必ず実施する事を義務付けられています。施行される平成27年以前で、精神疾患による労災件数が3年連続で過去最多を更新していました。仕事場でストレスによるメンタル不調をきたす事が社会全体で問題になっていたのです。その背景から過重労働の緩和だけではなく、質にフォーカスした対策が講じられる結果になりました。

厚生労働省の指針では、ストレスチェック制度を総合的なメンタルヘルス対策の取り組みの1つとして位置づけ、総合的な取り組みを継続的に実施していくことが強調されています。義務化により負担を強いられていると感じる事業主も多いですが、働きやすい環境作りは事業所にとっても大きなプラスになります。退職者を減らす事や、職場環境を改善する事で生産性を向上させたり人件費を削減できる事に繋がります。事業経営の一環として取り組む事がポイントと言われています。

制度の趣旨・基本的な考え方を正しく理解すると、企業の為及び社会の為に繋がります。より良い職場作りは企業にとって望むことのはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です