ストレスチェックはストレスに関する検査・分析を行うことで現在労働者が抱えているストレスがどのような状態にあるのかをチェックする検査です。労働者の心身面の向上を目的として創設され、労働安全衛生法の一部が改正されたことから2015年12月より従業員50名以上の事業場に対して年に1回のストレスチェックが義務化されることになりました。ただし労働者にとっては受験が原則であるものの必ずしも義務ではなく努力義務となっています。さらには2016年4月の法改正により従業員50名以下であっても簡単にストレスチェックが受けられるようになりました。

また事業場の負担を軽減するため労働保険が適用されていることや従業員数が50名以下の場合などいくつかの諸条件が満たされていれば従業員や産業医に対して助成金が交付されるようになりました。企業側がストレスチェックを行うメリットとしては、ストレスにより新たな疾患を抱えてしまうことで生産性が低下するのを防ぐことができまます。とくに精神的症状は外見上からは判断が付きにくいため早期の対応が必要となります。その他には従業員が精神的損害を被ることで労災相談や労災申請を行うのを減少させることができます。

労災問題は従業員、企業側ともに相当の時間や労力が割かれるためできるならば避けたいところです。一方従業員側のメリットとしては、ストレスチェックを受けることで早期に不調に気付くことができたり、健康的な労働により生産性が向上したり現在の企業全体の健康度を知ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です