ストレスチェックとは、企業が従業員の心理的な負担を把握し、メンタルヘルスの不調を未然に防ぐとともに、職場環境の改善につなげるためのおこなう検査です。2014年6月に通称ストレスチェック義務化法といわれる「労働安全衛生法の一部を改正する法律」が交付され、2015年12月から労働者が50人以上の事業所で毎年実施することが義務付けられています。具体的には、選択回答式のストレスに関する質問票に答える形でおこないます。内容には、ストレスの原因に関しての質問項目、ストレスによる心身の自覚症状に関する質問項目、労働者に対する周囲のサポートに関する質問項目が含まれていることが必要です。

質問の具体的な文言に特に指定はありませんが、オリジナルを作成しない場合には国が公表している推奨する57の質問票を使うことができます。回収したストレスチェックの質問票は、医師や専門家によって評価され、高ストレス者を見出します。検査結果は本人に通知され、医師の面接指導が必要と判断された場合や本人が希望する場合には、面接指導を実施しなきくてはなりません。その際、医師により就業上の措置が必要と判断された場合には、その措置を講じることも義務となっています。

また、ストレスチェックを通して職場分析を行うことが努力義務となっています。全体の結果を踏まえて職場や仕事の問題点、部門ごとのストレスの傾向などを知り、より働きやすい職場作りや仕事の進め方の改善などに役立てるようにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です