ストレスチェックが義務化されてから様々な形で実施されるようになりました。社内で展開をするケースもありますし、外部の専門家に委託をする場合もありますが、一般的に言えるのはより少ないコストで良いサービスを利用したいと言う点にあると言えるでしょう。そのようなことを考えた場合に求められる情報と言うのは、一般的な相場です。ストレスチェックに必要となるコストについては年々増加傾向にあると言えますが、一般的な相場としては一人当たり500円から1、000円程度であると言うことが知られています。

ICTを活用した方法で実施をする場合や、紙に印刷した問診票を使って実施するかによっても異なりますが、概ね外部業者に委託する場合には設備投資無しで実施することができるのが大きな魅力です。社内で実施するよりも少ない労力で目的を達成することができるためメリットが大きい場合も少なくないのです。ストレスチェックは実施した後の事後措置を丁寧に対応することも必要であると言われていますが、その部分は別料金での対応になるのが一般的です。多くの場合、自分の会社の産業医に相談することになるのが標準ですが、中小規模の企業の場合には上記の産業医がいませんのでストレスチェックのために大きな出費につながる場合もあるでしょう。

このような特徴についてよく把握しておくことが大切になります。医師の面談については別料金になることも多いため、その内容はよく注意をしておくようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です