リポソームが持つスキンケアへの効果

人間の細胞膜と同じリン脂質でできているとされるリポソームは、お肌にも自然と馴染んでいくことができると同時に、非常に高い浸透力を特徴としています。

リポソームの効果情報がリニューアルしました。

このようなリポソームには、一体スキンケアへのどんな効果があると言えるのでしょうか。



リポソームに備わっている魅力の一つは、大変優れた保湿効果にあると言えます。
上述のリン脂質には、油分と水分の両方に馴染みが良いという性質があり、それらの層が交互に並んで多重膜構造となっているのが特徴です。
そのため、層と層の間に美容成分をたっぷりと包むことができます。



それが徐々に溶けていき、肌の奥深くで長い時間にわたって美容成分を送り続けることができるようになっているのです。


またリポソームの別の特徴は、その粒子が非常に小さいというものです。


実は、一ミリの一万分の一の大きさであると言われるほど、極小のカプセルであるということで知られています。


このように他の化粧品と比べて粒子が極小サイズになっているからこそ、肌の角層への浸透率が非常に高いと言えます。

さらに、肌に浸透しにくいとされる水溶性の有効成分を届けることもでき、加えて、配合するのが難しいと言われるセラミドやコレステロールといった油溶性の成分をしっかりと包み込むことができるようになっています。
もちろん、人の肌に近い成分でできているため、安全性が高いと同時に、薬剤を角層にしっかりと留める効果も備えていると言えるでしょう。